中学生でも使いこなせる防犯グッツの種類

最近、物騒なニュースを多く耳にします。その度に不安になるのは、親世代でしょう。自分の子供がトラブルに巻き込まれたら、何か被害にあったらどうしよう、そう考えるのではないでしょうか。今や、防犯は子供だけでなく大人もしなくてはなりません。自分の身は自分で守る術を持つ事が必要とされています。そんな中で、子供たちに持たせたいのが防犯グッズになります。小学生などはランドセルにつけている子をよく見かけます。通学の時や遊びに行っている間など、親の目が届かない時に何かあった場合の自己防衛のひとつになります。もちろん、それだけで完全な防犯は不可能です。身を守る術はひとつでは足りません。いくつかの対策を講じておかなくてはなりません。そしてそれは小学生だけの話ではなく、中学生や高校生、そして大人も同じ事が言えます。

防犯グッズの種類と使い方について

小学生や中学生、そして大人まで共通して持ち歩きたいのが、防犯ブザーになります。これは大きな音を発して相手を威嚇する為のもので、実際に相手をどうこうするわけではありません。しかし人目につきやすくするという観点から、非常に効果的になります。目撃者がいれば、何らかの被害に遭ったとしても犯人を捕まえる手掛かりになりますし、被害に遭うのを防げる可能性も高くなります。次に、特に子供に持たせたいのが、GPS機能です。これによって居場所が把握出来る為、帰りが遅い時や今どこにいるのだろうと思った時に確認できます。もし何かが起きた場合にも、身に着けていれば場所が特定できます。欠点を挙げるとすれば、肌身離さず持っていなくてはならないという事になります。鞄につけておいてその鞄が手元を離れたら役に立ちません。

中学生におすすめ、おしゃれに持ち歩ける防犯グッズ

防犯ブザーは、一目でそれとわかるものと、そうでないものがあります。一目でわかるものは、相手に対しての警戒にもなります。防犯グッズを持っているというアピールは効果的です。しかし中学生ともなると、持っているのが恥ずかしく感じる事もあるでしょう。だからといって持ち運びをしないのも、不安になります。そんな時におすすめしたいのが、おしゃれな防犯ブザーです。可愛いデザインものもからシンプルなものまでさまざまな種類がある為、キーホルダーと同じ様に扱う事ができます。また、防犯ブザーにGPSがついているものや、鏡がついていて背後が確認できるもの、電車の中などで誤作動を起こさないものまで、機能もさまざまあります。いずれにしても、いつも身に着けておきたいものですので気に入るものが見つかるといいですね。