main

メンタルヘルス・うつ病の克服体験談

メンタルヘルスの若者増加中

悩む女性

メンヘラ、メンヘラと言われ、よく日常で使う言葉になりました。明らかに、メンタルヘルスの若者は、増加中です。ニコニコ動画やツイキャス等では、放送主が、メンタルヘルスである事を売りにしているケースさえあります。

メンタルへルスは、病気である人だけでなく、情緒不安定な人も含まれます。視聴者側の立場から言わせてもらえば、統合失調症なのかうつ病なのか情緒不安定なのか少しの放送を見ただけでは解かりません。ただ、明らかにメンタル異常だなとは感じます。ただ、あまりにも酷いメンタルへルスになると、何を話しているのか解からないことすらあります。ここまで行くと、メンタルヘルスといえばメンタルヘルスなのですが、重度の精神障害者に該当します。うつ病も重いうつ病から軽いうつ病まであり、軽度のうつ病なら、メンタルヘルスという言葉が、ぴったりに思います。あくまで世間のイメージ像の話です。

メンタルヘルスで多いのは、圧倒的に10代の女性です。もしくは、20歳ぐらいの女性です。思春期を迎えたり、それを過ぎた頃であり、人の目や噂を物凄く気にする年代です。また、往々にして、個性が強い女性が多いです。個性を持つというのは、素晴らしい事ですが、それが、友人達に受け入れられるとは限りません。したがって、悩んだり浮いたりして、ネットを通じて自分はメンヘラだと開き直り、人と交流を持つのでしょう。

開き直ったり、病気に向き合うことは、メンタルヘルスの克服にも繋がります。また、人間、歳を重ねるごとに精神的に強くなり、自然とメンタルヘルスから開放されるケースも多いです。だから、若者に多いし、現代では増加中なのだと思います。

うつ病 克服

メンタルヘルスクリニックに通っています

薬を処方する看護師

私は夜眠れなくてすごく困っていました。日中にどんなに運動しても日光を浴びても、体が疲れるばかりで、頭が覚醒していて眠れないのです。それで、近所のメンタルヘルスクリニックを受診しました。仕事の時に緊張して、疲れがたまっていて、なかなか休まらないというようなことも言いました。クリニークの先生は女医さんでした。すごく優しそうな先生で、私の言うことを真剣に聞いてくれました。仕事からくるストレスがすごいのではないかと言われました。そうして、仕事には向き不向きがありますからね、と言われました。

診察後、夜眠れるようになるためのお薬と精神安定剤を処方してもらいました。 お薬を飲むと夜は割と眠れるようになり、仕事中の緊張も、お薬を飲むと割とましになりましたが、副作用で少しぼーっとしてしまいます。

でも、先生が親身になって話を聞いてくれるので、すごくリフレッシュします。 お薬は少し弱いようなので、今度行ったら別のお薬に変えてもらおうと思います。 話を聞いてもらえるだけでもスッキリします。友達に話すのと違って、メンタルヘルスの専門家に話をすると、いいアドバイスがもらえそうで安心して話をすることができるのです。

セロトニンサプリ

ディズニーランド おみやげ

うつ病という現代病

困ったくま

当サイト内のイラストは素材GoodさんHPより

近年でよく言われる心の病気というものに、「うつ病」というものがあります。  これは今では、特にその道の専門家でなくても、一度は聞いた事があると言えるくらいに、メジャーになって来ているものです。  その主な特徴は、無気力や無関心という感情に支配され、何かをするという意欲をなくしてしまうというものです。こうした症状は、軽度なものでしたら、誰でも経験があると言っていいくらいのものですが、これが日常生活、あるいは社会生活の中に支障を出して、従来の生活が維持できなくなってしまいますと、いわゆる「病気」として認定されたりします。

このレベルまで行きますと、大抵の人は精神科を訪れて、精神安定剤等を処方してもらったりしますが、精神の病と言うものは、いまだに明確な解明がなされていない領域ですから、それで安心とは言えません。  そして何よりも、その症状は人によって様々ですので、どこまでが誰でもあり得るもので、そしてどこからが「心の病気」となるのかも、明確な基準がありません。

そのためその発見から治療までの過程で、時間がかかってしまう傾向にあるという問題点もあるのです。 実にこうした「心の病気」というものは、自分で気がつくのが難しいために、周囲の人間がその対象者の様子がおかしいと感じて、専門家の診察を薦めるという事で、発見されるパターンが多いようです。

つまりこうした「心の病気」の予防や治療には、「周囲の人間との人間関係」というものが重要であり、人間関係が希薄になりつつある現代におきまして、この「うつ病」はまさに、現代の社会事情を反映した病気とも言えるのです。 そしてそうした「人間関係の希薄さ」という環境を見直す事は、この病気への対策として、大きな影響力を持っていると言えます。

赤ちゃん 天然水